《事務局ニュース》2019年度(平成31年度)入園説明会を開催します! (2018/3/29更新)

■□事務局ニュース□■ - - satoyama2013

2019年度(平成31年度)野外幼児教育「しんぐう里山ようちえん」の入園児を募集しています。
“自然が教室!”を合い言葉に、地域の人と連携した自然の中の「ようちえん」です。
9月に入りましたら、入園説明会を予定しています。
ご興味のある方にもお声かけいただき、ぜひお気軽にご参加ください。

 

▼日時:2018年9月中旬頃

▼場所:しんぐう里山ようちえん(里の家かりん)(新宮町立花口267−3)

▼内容:里山ようちえんの教育方針、年間の活動予定、年間行事、通園ワゴン車、月謝など諸経費、運営スタッフについてなど
※説明会の間は、満3歳以上のお子さまは、通年組の子どもたちと一緒に一緒に森のお散歩に出かけます。
※資料準備の都合上、事前にお申し込みをお願いいたします。
※日程をご相談の上、別途一日入園・見学も可能です。
(問い合わせ・資料請求/NPO法人ふくおか森の学校事務局 092−692−9237)

▼願書受付:2018年10月1日〜15日
【お問い合わせ・資料請求】
NPO法人ふくおか森の学校事務局 092−692−9237 にお電話ください。
 ………………………………………………………………………………
【入園説明会のお誘い】
既存のようちえんでは決してできないことをたくさんやるのが「里山ようちえん」。
森のお散歩や農作業、たき火やどろんこ遊び、野外料理や五右衛門風呂、山登りや川あそび!
そして、四季折々の生き物や田舎の暮らし、地域のたくさんの達人とも出会って行きます。
一年を通じて、書ききれないほどの心おどるたくさんの体験が、子どもたちを待っています。
  

でこぼこの道、ぬかるみの道、山の斜面、細いあぜ道。
変化に富んだ自然環境の中で子どもたちは心も体もたくましく育っていくことでしょう。
  

自然の中での体験は、人間力をおおいに育ててくれます。
集中力、聞く力、我慢、意欲、創造力、ルールを守ること、生活力、協調性。
自然の中では、そうしたことがいとも簡単に学べるのです。

自然の中での教育は、決して社会と切り離されたものではありません。
それらを身につけておくことが、小学校生活、ひいてはこれからの社会で最も必要なことでしょう。
    

大人から与えられるものをうまくこなすのではなく、自分で考え、自分で見いだし、自分で判断して行動する。
社会で生きていく基礎を、貴重な子ども時代に遊びを通して身につけるのが「しんぐう里山ようちえん」が目指すことです。
ぜひ「しんぐう里山ようちえん」においでください。
みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております!!

《事務局ニュース》しんぐう里山ようちえん・スタッフ募集のお知らせ 2018/3/29更新

■□事務局ニュース□■ - - satoyama2013

しんぐう里山ようちえんでは、私たちと一緒に自然の中で、子どもたちと感動をともにし、働いてくださるスタッフを募集しています。(週3日程度)
幼稚園教諭、保育士免許を持っている方で、しんぐう里山ようちえんの教育方針に共感して下さる方は、ぜひお気軽に事務局までご連絡ください。
 

≪事務局ニュース≫2017年度新入園児の募集について 2017/3/29更新

■□事務局ニュース□■ - - satoyama2013

しんぐう里山ようちえんでは、今年度の卒園生を無事送り出しました!🌸

 

2017年度の新入園児を募集しています。(若干名)

途中入園も可能ですので、ご興味のある方は事務局までご連絡ください。

 

 

《事務局ニュース》「おるね5月号」の巻頭特集をご覧下さい(2015/4/22更新) 

■□事務局ニュース□■ - - satoyama2013
古賀・新宮地域密着の生活情報誌「おるね5月号」に、しんぐう里山ようちえんの子どもたちの様子が掲載されています。
古賀市役所、新宮町役場、そぴあしんぐう、シーオーレ新宮、ほか、古賀市内・新宮町内のスーパーや直売所に設置しているようです。
見かけた方はぜひお手にとられてくださいね!
  

《事務局ニュース》森のおまつり、終わりました!

■□事務局ニュース□■ - - satoyama2013
2/11(水・祝)に、無事「森のおまつり」が終了しました。
予報に反して!午前中は時折小雨が降る天候となりましたが、大きく崩れることもなく、お昼頃からはすっかり気持ちよく晴れてきました。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!

里山ようちえん通年組の保護者の皆さんの「おしるこ屋さん」、ふくおか森の学校の学生スタッフによる「子どもクラフトブース」、じゃがいも村の「わいわいクラブ」の皆さんによる竹細工や草バッタ、綿菓子などのブース、その他、粕屋町のケーキ屋さん「パティスリーマルジョレーヌ」やクラフト作家のママさんのお店など、手作り感たっぷりの森のおまつりとなりました!

その他、じゃがいも村村長さんが用意してくださった「猪鍋」や、地元のマタギの方から「鹿肉の刺身」をいただき、里山の風情たっぷりでした。

五右衛門風呂体験をした子どもたちも、とっても楽しそうで、何よりでした。

来年も、2月中旬に「森のおまつり」を予定していますので、ぜひ来年もご参加くださいね!
無料ブログ作成サービス JUGEM