しんぐう里山ようちえんの1日

しんぐう里山ようちえんの1日&1年 - - satoyama2013

“自然が教室”が合い言葉。子どもたちの教室は、自然そのものです。
【ようちえんの1日(月〜金曜日)】
 9:00 登園、自由あそび

 9:30 朝の集まり、季節の日課(畑の手入れ等)
※「今日はどこへ行こうか、何をしようか」子ども会議が始まります。ちょっと我慢したり、ゆずったり。自分の気持ちを伝え、相手の考えを受け入れ、人と関わる力を培う時間。

10:00 森のあそび、里山のあそび
※“自然が教室!”一番の特長である自然体験活動を毎日行います。雨の日も、風の日も、自然を訪れることで、五感は刺激され、身体で四季を感じます。
  
12:00 ランチタイム(お弁当または野外料理)
※森の中でお弁当。また、週に一度は火を使って野外料理。自ら育てた野菜での料理は、食の大切さも実感します。食べる意欲は、全ての意欲につながります。
  
13:00 自由あそび、グループ別活動など
※お昼ごはんを食べたら次はこれをしよう!子どもたちの遊びはつきません。午後からも森や里山で自発的な自由あそびをたのしみます。
  
14:00 おわりの会
※絵本や紙芝居の読み聞かせ。たっぷり遊んだあとは心落ち着いて集中する時間です。最後は今日の1日を振り返って明日への期待につなげていきます。

14:30 降園 

ようちえんの1年

しんぐう里山ようちえんの1日&1年 - - satoyama2013

雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も、森の中に出かけます。
1年を通じて、同じ自然を訪れることで、五感を使って四季の移ろいを感じ、感性豊かな子どもに育ってくれることでしょう。

【ようちえんの1年】
◎春:入園式、地域の挨拶まわり、畑仕事の始まり、よもぎもち、お茶会、田植え
◎夏:どろんこプール、畑仕事、梅仕事、七夕、川あそび、蛍観察、流しそうめん、虫とり、カニさがし、キャンプ
◎秋:陶芸体験、登山、収穫祭、栗ひろい、木登り、お月見、稲刈り、落ち葉あそび、木の実さがし、キャンプ
◎冬:味噌づくり、もちつき、門松づくり、たき火、どんと焼き、七草がゆ、雪あそび(スキー)、卒園式
   

         

無料ブログ作成サービス JUGEM